AGA治療法 内服・外用薬

AGA・薄毛の治療で一般的なのが、内服・外用薬の治療が挙げられます。薄毛治療の専門病院ではその病院でオリジナル配合した内服・外用薬などがありますが、ここでは内服・外用薬で一般的に使われる主な成分について紹介します。

 

フィナステリド
フィナステリドは飲む発毛剤「プロペシア」の主成分で、元々は良性前立腺肥大の治療および緩和に使用されてました。

その後1mg用量での研究によって、男性型の脱毛症にある程度の発毛が確認され米国食品医薬局(FDA)にAGAの治療として認可され、現在では世界60ヶ国以上で飲むAGA治療薬として発売されています。日本では2005年12月に万有製薬(現:MSD)から、商品名「プロペシア」として発売されました。

AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪玉男性ホルモンです。DHTは男性ホルモンのTS(テストステロン)が毛乳頭細胞に入り、5α-リダクターゼTypeⅡによって変換され薄毛を引き起こします。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、この5α-リダクターゼTypeⅡの働きをブロックして、AGAの原因となっているDHTの産生を抑えることでAGAの脱毛を制御します。

※フィナステリド(商品名:プロペシア)は市販薬ではないので、入手及び使用には医師の診断・処方箋が必要になります。

 

ミノキシジル
元々は血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用されました。

先に紹介したフィナステリドとは作用が異なるので併用使用することによって発毛効果が高まる事が確認されています。

 

フィナステリド、ミノキシジルともに使用の際は、専門の医師の指示のもと適正な使用を行ってください。

 

 

AGAスキンクリニック

銀座総合美容クリニック

聖心美容クリニック

新着情報

P R