酸素不足も薄毛や抜け毛の原因!?

人が生きて行くために自然と呼吸しているように、頭皮も皮膚呼吸をしています。

この頭皮の皮膚呼吸は、細胞に酸素を供給するためにとっても重要なんです。酸素が正しく供給されないと細胞は徐々に弱って行き、髪が弱々しくなったり最後には成長が止まって抜けてしまいます。

呼吸が正しく行われない原因のひとつに、頭皮を清潔に保っていないことが考えられます。頭皮を清潔に保っていないと、毛穴が詰まり呼吸が正しくできないため酸素不足になって薄毛や抜け毛の原因に繋がってしまいます。

頭皮は常に清潔に保つように心がけましょう。
 

もうひとつ酸素不足になる原因として喫煙があげられます。

私たちは血液内の「ヘモグロビン」が呼吸にって得た酸素と結びついて、体内の酸素供給ができ体の隅々まで酸素を送ることできています。

しかし喫煙時に発生する「一酸化炭素」が体のなかにはいってくると、「ヘモグロビン」は酸素と結び付かずに、この「一酸化炭素」と強く結びついてしまい血液中の酸素不足を引き起こしてしまうのです。
 

これによって体に色んな悪影響が出るのですが、当然薄毛や抜け毛にも影響してしまいます。髪の毛は成長に必要な栄養を取り込んで成長してますが、より成長を促すために酸素補給も必要なんですね。

私たちが生きて行くために酸素がなければ酸欠状態になって生きていけないのと同じで、髪も栄養だけでなく酸素を取り入れて成長しているんです。
 

このように当たり前のようでおろそかになっていることを日頃から注意することで薄毛や抜け毛の予防になります。

 

 

AGAスキンクリニック

銀座総合美容クリニック

聖心美容クリニック

新着情報

P R