AGA治療法 育毛メソセラピーとHARG療法の違い

育毛成分を頭皮に直接注入する治療方法として「メソセラピー」があることはご紹介しましたが、「HARG療法」という治療法も、薬剤を頭皮に直接注入する治療方法です。
関連記事:AGA治療法 メソセラピー
 

では同じく頭皮に薬剤を直接注入する「育毛メソセラピー」と「HARG療法」とでは何が違うのでしょうか。簡単に言うと「育毛メソセラピー」と「HARG療法」では注入する薬剤が違います。
 

育毛セラピーでは、ミノキシジルフィナステリドなどの成長因子に加え、ビタミン類やヒアルロン酸など発毛に有効とさせる成分を主に注入します。※クリニックによって注入する成分には若干違いがあり、各クリニックのオリジナル成分となります。
 

一方HARG療法では、幹細胞から抽出したタンパクであるAAPEから生成したHARGパウダーと、育毛メソセラピーの成分であるビタミンやアミノ酸等をブレンドしたもので、毛髪を作り出す細胞に働きかけることで発毛を促します。このHARGパウダーの有無が育毛メソセラピーとの大きな違いとなります。
 

薬である以上、効果には多少の個人差が考えられるので、どちらの治療法が優れているかは断言することはできません。どちらにもメリット・デメリットがあると思いますので、専門の医師に相談することをおすすめします。
 

AGAや薄毛は、個々によって範囲や原因が異なります。まずは内服薬・外用薬で様子をみてから、思ったような効果が得られなかった場合に、医師と相談しながら「育毛セラピー」「HARG療法」などの治療を検討するといいのではないでしょうか。
 

また、HARG療法は日本医療毛髪再生研究会の認定を受けた頭髪専門クリニックでしか治療を受けることができません。クリニックを選ぶ時は、そのクリニックがどのような治療を行っているかを確認しておきましょう。

 

AGAスキンクリニック

銀座総合美容クリニック

聖心美容クリニック

新着情報

P R